スポンサーサイト

小旅行して来ました(上)

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

オーロラ!飛行機の中から、見たことがあるー。
BGMも一緒に楽しませてもらったよ(^^)
わはは、ウチの実家、クマの置き物があるし!(笑)
北海道に住んでたから、頂き物はやっぱりこれしかないみたい(笑)
って、このハイキング、目の前の岩と雪に必死で進んでたら、後ろを振り向いて仰天、な光景なんですけど!
いかにも空気が澄んでいて・・・高そう!(^^;)
ポテチがこんなに膨らんだ場所ならではのホテルの部屋だったの???(笑)

今までずっと楽しんできた味で・・・ここまで危険なことがあるとは知らなかったよ。
Morning Beautyさん、命をとりとめてくれて、本当にありがとう(涙)
ご家族が周りにいらっしゃるときで、よかったー。
みんなの祈りが通じたのね。
遠くで待ってらしたご主人様もどれだけ・・・
アナフィラキシーショックって恐ろしい。
頑張らないといけないって思うことが体をそこまで追い詰めることもあるんだね。
前にMorning Beautyさんが教えてくれた、深呼吸、姉さんも忘れないようにするー!!(^^)

Comment by: まったり福タビ大リンの姉  | 2011年 04月22日 | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment by: -  | 2011年 04月22日 | 編集

4月のハイキングはこちらでもまだ雪が残ってる場所が多くて、何回か引き返す羽目になったことがあります。
真夏でもまだまだ雪がたくさんの場所を歩いたことありますが、前を歩いてた年配グループの中のおばさんが滑って救助のヘリコプターで運ばれていったことがありました。
山での雪はほんのちょっとでも危ないから、気をつけましょうね!^^

甲殻類、大好きです。でも、小麦粉を使ったものが食べられないだなんて…、私だったら、何を食べていいのか分からなくなってストレスどころではなくなりそうです…。
でもMorning Beautyさんが今こうやって無事で本当によかったです。
私の場合は、そんなにひどい症状になったわけではないですが、やはりどうもストレスが原因でこちらで住み始めていろいろと症状が出てきてます(年齢のせいもあるかもだけどー、汗)。
アレルギーも、日本にいた時はそんなになかったですが、こちらで花粉症はじめ、いろいろ発症して、果物も食べられないものが多いです。でもMoroning Beautyさんのそれに比べれば全然たいしたことないですが…。
保険は、日本の治療の分はアメリカのではやはりカバーしてくれないのでしょうか?
私は日本滞在中に歯が痛み出して治療に通いましたが、幸い、こちらでその分の保険請求ができました。

私は普段からのーんびり生活してるんですが、どうも性格上ストレスがたまりやすいようで^^;
精神上の疲れは体にいろいろ症状出やすいということを最近実感中です(汗)。
ああ、でもやっぱり私の場合は年齢のせいかもー(汗)。

Comment by: alpenkatze  | 2011年 04月22日 | 編集

アナフィラキーショックって、とっても怖いですよね。
でも本当、元気になられて・・・ヨカッタ!!
こうして、出会えた事にも・・・感謝です(^^)
あまり、ご無理のありませんように・・・ね。
心温まるカード、どうもありがとうございました(^^)/

Comment by: tomo  | 2011年 04月23日 | 編集

きれいな景色ですね。

素敵なお写真の数々、綺麗ですね~。きっと、ものすごくすばらしい旅行だったのでしょうね~。羨ましいです。 ゴマが来て以来約5年間、私は旅行ができませんでした。毎日2~3度外に出る必要があり、家族以外には実家の母にも懐いてくれないゴマ。困ったものです。あと10年位旅行はお預けでしょうかね~。 高所恐怖症はカメラを持っていれば、…それもすごいです。私も高所恐怖症で、さらに歩くのが得意ではないので、信州に住んでいながら、遠足など必要最低限しか山には登りません。

今日もかわいいミーリィちゃん。何がをじっと見ていますね。視線の先に獲物があるのでしょうか?

残念ながら、「続き」が読めませんでした。

Comment by: ゴマハウス  | 2011年 04月23日 | 編集

Re: タイトルなし

v-263 まったり福タビ大リンの姉さんへ v-263

うわ、生オーロラを見たの?いいなぁ。夢なんだけど(ロマンよね)、寒いの苦手だから無理だわ。
うちにもシャケをくわえたクマの彫り物がありました(笑)。だけど引越しが続くうちにどこに行ったやら?妙になつかしい。

山登り、帰る時を考えると確かに怖いわぁ。夫はグランドキャニオンの底に降りた時に「帰りは行きの倍掛かる!」という看板があったという話をしていました。熱くても寒くても、登りも下りも帰りは怖い!?
ホテルの部屋のビミョウさは高地のせいというよりは、アメリカ人感覚のせいですねぇきっと。

脅かしちゃって心配掛けちゃってすみません!きっとそうならない人は一生ならないという類かと思うのですが、でも花粉症など少しでもアレルギーの気がある場合には要注意だそうです。
そうなのです。全く不幸中の幸いで、これが家族がいない時あるいは姉と二人の時だったとしたら全く事態は違っていたと思います。インターネットで調べたらすごいケースがたくさんあり胸が痛みました。私はいつもすんでのところで守られている感じがします。

姉さんも無理しすぎないでね!深呼吸はある種メディテーションで、アルファー波を出して心身ともに休息して下さいね~。

Comment by: Morning Beauty  | 2011年 04月23日 | 編集

Re: タイトルなし

v-263 Alpenkatzeさんへ v-263

きゃー、ヘリコプターで運ばれてしまったのですか!?それはすごすぎで怖すぎです。
本当に楽しみが事故につながらないようにしなくてはいけませんよね。気をつけまーす!
(ここだけの話、義弟-夫の弟-はトレッキングの鬼なのですが何度も水分不足で危ない目にあっています。懲りない奴です。)

ストレスも体の疲労同様、免疫力を落としますから長く続いたら何か変調が起こっても不思議じゃないですよね。あ、年齢の件は(いまさらジローを知っていた仲 ^m^ )敢えて触れないことにー(笑)。でも否定できません。なにせ7年で体が入れ替わるので食べ物が変わる海外の暮らしが影響しないはずがありませんよね~。でもalpenkatzeさんにはかわいすぎる太郎君が側にいてくれる幸せがありますもの、大丈夫。

掛かった費用のうちイマージェンシーの分だけはアメリカに戻って3ヶ月後に支払いがありました(ほっ)。でも日本でかなり出費があったのと円高でドルを移動してなかったので、すたこら病院を抜け出しました(笑)。当時看病・介護があったので悠長に寝ている暇も無かったというのが主な理由ですがーー。どの家族にも嵐の時代があるんですね。

私の分もおいしいビール味わって下さいねぇ!(くくっ泣くもんか。この前間違って注文しそうになって夫に訂正されますた。)

Comment by: Morning Beauty  | 2011年 04月23日 | 編集

Re: タイトルなし

v-263 Tomoさんへ v-263

ご心配おかけしましたぁ。お陰さまで体調は今、復活中です!
薄紙をはぐように、という表現がぴったりです。
まさに悲しみのどん底の頃に、ミーリィの絵を贈って頂いたので
どれほど救われたことか分かりません。
あらためてありがとうございました!

Comment by: Morning Beauty  | 2011年 04月23日 | 編集

Re: きれいな景色ですね。

v-263 ゴマハウスさんへ v-263

写真を楽しんで頂いてありがとうございます!
前の1年が、カネボウヒューマンドキュメントものの苦闘の連続でしたので(^.^;)、命の洗濯という感じの旅でした。何よりも空気のすがすがしさで体の細胞が満たされた満足感があります。

そうですね、ゴマちゃんへの愛が何より優先のゴマハウスさん、旅行は当分お預けなのですねーー。
そういう愛猫家の方がたくさんいらっしゃると思います。なんだか見せびらかすことになったらごめんなさい!
遠足以外山に登らないーーあらもったいないこと(笑)。結構共通点の多かったゴマハウスさんですが、ここで
登山靴vsハイヒールという構図が明白になりました(爆笑)

ミーリィが珍しく瞳孔が大きくて何かを凝視している感じですね。ホテルの何かを見ていたかトカゲを狙っていたか??。

ひえー、「続き」がそっくり消えていました!のであらためて書き直しました。下書きを取っておいて良かったです~。お知らせありがとうございました。

Comment by: Morning Beauty  | 2011年 04月23日 | 編集

続き、拝読いたしました。

アナフィラキシーショックは大変でしたね。大人になって、今まで大丈夫だった食品でいきなり始まることもあるのですね。 息子も同じ体質で、1歳の頃からエピペンを携帯しております。ぴや君ほどではありませんが、TVの取材も何度か受けました。息子の場合には、幸いなことに学校でも携帯を認めていただけて安心なのですが、劇薬に指定される薬物なので、学校によっては携帯を許可していただけない場合もあるそうで、親御さんは困っています。アメリカでは、アレルギーの子のエピペン携帯は常識でした。そういうところはきちんとしていていいですね。
飛行機で没収されないためには、必ず事前に航空会社に電話で連絡しておくことをお薦めいたします。そうしないと、検査担当の方の一存で没収されることもあるそうです。

Comment by: ゴマハウス  | 2011年 04月24日 | 編集

Re: 続き、拝読いたしました。

v-263 ゴマハウスさんへ v-263

以前ゴマハウスさんのブログでアレルギー関連の記事を読ませて頂きました。息子さんが無事帰宅するまで心配な毎日を送られていたというお気持ちが良く分かります。自衛できる大人と違ってお子さんが安全に外での食事を終えるには周囲の理解を得ることが本当に必要だったことでしょう。今は中学生のQちゃんは私にとってエピペンの大先輩です!これからの人生、二人とも使用せずに済みますように!

そうなんです、ちょうど昨日旅行業者経由で航空会社にお願いしたところです(^.^)/ 特別食もついでにーー。前回UAでは「何もお出しできるものがありません」とのことで機内食は自前でした(-.-;)。

Comment by: Morning Beauty  | 2011年 04月24日 | 編集

ご主人様の計画した旅行、楽しめたみたいですね。
残雪があってちょっと怖そうだけど綺麗な空気がいっぱいで良い所だね。
雪解け水はその音を聞くだけでも体が綺麗になる気がして好きです。
え~どんなホテルだったの~?(笑)

アナフィラキーショック、前に聞いていたけれどさらっとだったから
そんなに大変な思いをされてたんですね。
あらためて驚いたし、無事でよかったと心から思います。
前にセラピードッグの事でお話しした友人のCちゃん、Morning Beautyさんとまったく同じなの。
彼女も大人になってからで発症した時、レストランでエビピラフを食べた時なの。症状も同じ。先日も遊ぶ約束をしていたんだけど急にお顔がパンパンに腫れちゃってその日はキャンセル。
原因はストレスだったので溜めないように楽しいコト沢山した方がいいみたいだね。その後、しっかり遊びました(^^)
今日のミーリィちゃん、お口がもんまりとして可愛いわ。赤ちゃん顔に見えます。


Comment by: ぴやまま  | 2011年 04月24日 | 編集

うわぁーたった3つの海老さんで
そんな大変なことになっちゃったんだ!!
でも早くクリニックに駆け込んで良かったよね
また明日なんて言ってたら大変だったよね!
ただ食べないこと!でもこれって意外に難しいよね~
私は前に生牡蠣にあたったことがあって
体中ぶつぶつ出て違う生き物のようになっちゃって
出張先だったんだけど緊急で病院に連れ込まれ
1週間も帰れなかった経験があるんだよ~!
それから何十年もちろん牡蠣は食べてなかったのですが
一度はクラムチャウダーにつぶして入ってたのに気づかず
なにで吐いてるのか気づくのも大変だったし…。
もう一度はシンガポールからの船旅の時に
ステーキ食べたのに、その焼く前のお肉の横に
他の人が頼んだ牡蠣がくっついていたようで(-。-;)
それで上から下から全ての物が出まくって
ぶつぶつで違う顔に変身した私を
船内入院で完璧に隔離させられて
目的地のプーケットでも船内隔離で
下ろしてもらえなかったという悲しい経験があるんですよ~
体調悪い時はオイスターソースでもやられちゃうから
中華行ってもめっちゃしつこく確認します(^^ゞ
一度やられちゃうと、どうしようもないんだよね~!!
一家にひとつクマの置物?めっちゃいいわ、この町!!

Comment by: 猫娘  | 2011年 04月25日 | 編集

Re: タイトルなし

v-263 ぴやままさんへ v-263

いまだ地震の影響があるなか情報から離れるのはどうかなという不安
はありましたが敢えてノートパソコンを持参せず思い切って生活の場
を離れることにしました。お陰さまで気持ちを切り替えて楽しむこと
が出来ました。

アナフィラキーショックの後、ぴやままさんが「そちらに戻ったら回復
するよ。」と言ってくださった通りすこしずつ元気になりました。
セラピードッグの件でも大変御世話になりました。でもその時のお友達
が同じ経験があるなんてすごく驚きました!それも同じエビピラフ!!
でも遊びに行けて良かった!そうでしたストレスも免疫を落としますよね。

今日ポットラックパーティー(食べ物飲み物もちより)で昔私が良く
作っていたエビチリをリクエストされたのですが味見が出来ないために
作ることができずに代わりに中華レストランに予約しました。でも後に
なって「あ、これで誰かが倒れたらどうしよう!」って思って不安に
なってしまいました。(夫が過剰反応だよというのでそのまま持って
行きましたが)。皆が食べ終わった後1時間は様子を見てしまいました。
(^.^;)お陰さまでみんな無事でした、ヨカッタァ!!!

なるほど~こういう感じを「もんまり」って言うのですね!?ふふふ。

Comment by: Morning Beauty  | 2011年 04月25日 | 編集

Re: タイトルなし

v-263 猫娘さん v-263

そうなんですたったの3つ!どうせこれが最後のえびだったのなら盛大に大量
に食べておきたかったものです(笑)。

いや~、猫娘さんもすごい症状でしたね!それも注意していても防げない時が
あるというのはつらいですね。コメント読んでいて、もう勝手にまぜるな!って
怒りたくなりましたよ。それにプーケットでの出来事はつらい過ぎ~。
外食だと、あなたまかせ、なところがあるけどそれでもがんばって超しつこく
確認していきましょう。自分の命を自分で守る会結成!
(同士気分満々)

以前TVのトンネルズのみなさまのお陰でした【食わず嫌い王決定戦】でゲストが
つるべいだった時、嫌いな牡蠣が出たとたんに冷や汗が噴出してついに吐き気まで
もよおしたのを見て(トンネルズの二人は笑っていましたが)これって相当つらい
経験したんだろうなぁと見ていてかわいそうになりました。それほど強い症状なの
ですね。

クマの像ですが、立ってるものや、窓の外にぶら下がっているもの、屋根で仁王立ち
しているものなど、探すのが楽しい町でした。

Comment by: Morning Beauty  | 2011年 04月25日 | 編集

一家にひとつクマの置きものと聞いて、
あの北海道の黒い熊のシャケ咥えたおみやげの
木彫りを思い出した私です。
(親の家にもあるーーー!)

それにしても高所恐怖症な私、
ここにはいけないかも...ポテトチップスが
ぱんぱんになるほど気圧が違うんですか?
すごい...六甲山ごときで遭難しかけた
方向音痴だと、完全に迷子かも。

アナフィラキシー、怖いですね。
そういえば、花粉なんてへっちゃらだった私、
数年前突然なったし...
そういうの、いつどうなるかわからぬのですね。
周りにご家族がいたり、あと緊急に搬送してくださって、
いろいろタイミングがよかったのですね...


好きな食べ物や、なんやかんやにはいってる食べ物で
そうなるってつらい。しかも、自分で注射、ウウウ。
私できるかなー。そばにいる人にお願いしますって昏倒しそう。(汗)

Comment by: めんまねえちゃん  | 2011年 04月25日 | 編集

Re: タイトルなし

v-263 めんまねえさん v-263

ふふふ、そうなの。あのどっしりとした黒い熊の置物、北海道に行きました
よっていう証拠でしたよね。でも今はあまり見かけない?ビックベアの彫り
物は茶色でした。

私のポテトチップスだけが異常なのかと思ってお店のを見ましたら
みーんな同じようにパンパンでしたよ(笑)置き場所が余計に必要です。
六甲山の標高は931mだそうですね。ビックベアは2134~2499m だそうです
のでやっぱり高いですね。ちなみに同じクラスの山は日本にものすごーく
たくさんありますね~。(http://mtpanorama.net/list/2000-3000m/

花粉症になってしまいましたかぁ~。それはつらいーー。逃げられません
からね。私はアメリカに来た時やっと花粉症から開放される!と喜んだの
ですが別の花粉にやられ始めました。ということでどこにいても同じかも~。

はい、不幸中の幸いは家族と一緒だったということです。免疫が落ちていて
新たにアレルギーが発症するということなので、今被災地にいる方のことを
思ってしまいます(-.-;) 皆さんご無事で過ごされていますように。

あ、私も誰かにお願いするかも~!人工呼吸と同じように救命訓練のひとつ
に含めて欲しいナァ。

Comment by: Morning Beauty  | 2011年 04月27日 | 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。